©2021 SHIBUYA FASHION WEEK
©2021 SHIBUYA FASHION WEEK

展示品の紹介
-SHIBUYA FASHION WEEK様-

6人の若手デザイナーの衣装を展示する衣服展。各人に1台のサイネージで様々な関連コンテンツを放映しました。

 ✔導入の目的
  イベントで関連動画を放映したい

 ✔導入の決め手
  6台の設置納品

 ✔得られた効果
  コンテンツ放映によって展示品の詳細説明がより良くできた


導入の経緯

今回の展示は洋服と映像に加え、スチール写真とモデルとデザイナーとの対話を表すメッセージなどをサイネージにて表示・展示をしたいというご要望でした。

●イベント概要●
True Colors Fashion - 対話する衣服展-
https://truecolorsfestival.com/jp/program/fashion-movie/

気鋭の若手ファッションデザイナーを世界に輩出し続ける私塾「ここのがっこう」。
本作では、卒業生と在校生から選抜された6人のデザイナーが、6人の異なるモデルに向き合って作品制作に挑んだ。
監督は「うたのはじまり」で知られる河合宏樹。作品完成までの数ヶ月、悪戦苦闘しながらもそれぞれの個性に向き合った姿を記録した。

"ここのがっこう”という学校の生徒さん(卒業生含め)が五体満足ではない方(一部のぞく)との対話を洋服という表現方法でクリエイションしました。

©2021 SHIBUYA FASHION WEEK
©2021 SHIBUYA FASHION WEEK
©2021 SHIBUYA FASHION WEEK
©2021 SHIBUYA FASHION WEEK

導入後の成果

渋谷スクランブルスクエアでのイベントプロジェクトでのコンテンツ放映。当日間違いなくコンテンツが放映されることが重要ポイントでした。

事前にクライアント様作成の動画データの確認を実施し、当日は問題なく放映ができました。

©2021 SHIBUYA FASHION WEEK
©2021 SHIBUYA FASHION WEEK

導入環境について

お問い合わせ

展示会やイベントにデジタルサイネージをご利用しませんか?
デジタルサイネージのレンタルに関するお悩み事やご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。