KABUKIYA様
-ブランド品買取・販売店- 

店舗の外装に看板として設置使用されている店舗様です。

突然、映らなくなり困っていると店舗様から連絡がありました。(弊社が修理したのは向かって右側の製品です。)

デジタルサイネージが映らないのは非常に困るのでなんとか映るようにしてもらいたいという事でした。

サイネージを購入した販売店は連絡がつかず、弊社のホームページにたどりつくまで数週間かかりました…とお困りでした。


修理の工程

初見した結果、サイネージ用屋外ケースの雨漏りによるLCDパネルの破損でした。

店舗の壁面部サイズに合わせて作ったサイネージの屋外ケースなので、不具合を発生させたLCDパネルと同じ物でないと交換が出来ない状況でした。

しかしながら既にそのパネルは生産完了品、当然 国内に在庫パネル無しの状態でした。

弊社32インチパネルを使用して修理に挑む事にしました。

しかし、パネル交換の場合に置いて一番厄介なのは、そのパネルに適合した電源パーツを使用しないとパネル側に通電しないと言う事です。

弊社が修理用に使用するパネルは電源パーツが少し大きいので対象のサイネージ専用ケースに収まらい、当然に故障したパネルと電源パーツは漏電しているので全く作動しない状況。

思案した結果、電源パーツを供給してくれる中国メーカーに協力してもらい、現在使用している電源パーツで作動する交換用LCDパネルと新規に同じ電源パーツを仕入れて交換作業を行いました。


導入後の成果

 

待ってて良かったとお客様の好評を頂きました!

サイネージ設置を基本コンセプトに店舗外観を装飾しているので、無事稼動できまた、大きなコストをかけずに済んだというお言葉をいただきました。

 

お問い合わせ

展示会やイベントにデジタルサイネージをご利用しませんか?
デジタルサイネージのレンタルに関するお悩み事やご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。