空き情報配信システム導入
-システム会社様-

神奈川県の江ノ島エスカーチケット販売ブース内と、チケット売り場建屋の柱へ計3台を設置させていただきました。

「空き状況」の可視化!
AI技術を駆使したシステムが自動的に「現在の空き状況」をデジタルサイネージで知らせます。

英語表記も可能ですので、外国人の観光客にも大変好評です。

 ✔導入の目的
  空き情報の可視化で混在を解消したい

 ✔導入の決め手
  従業員の作業負担の軽減

 ✔得られた効果
  業務の効率化と質の向上


導入の経緯

空席検索プラットフォームを開発運営されている話題のシステム会社様からのご依頼です。

「いま、空いているか 1秒でわかる」
リアルタイムで混雑状況を確認できるシステムを湘南エスカー現場へ導入というワクワク且つ緊張する案件でした。

そのゴールは、島の頂上にある「江の島シーキャンドル」と「展望台」の空き状況の可視化…  

今まで江ノ島エスカーのチケット売り場では、頂上の施設と展望台の空き状況を社員の報告電話で把握していました。

混雑時にはお客様への案内を手書きボードで変更するなど、対応作業は煩雑でした。

今回弊社のSTAR-4604 GP(高輝度)は、江ノ島エスカー利用チケット売り場の建屋の梁柱に専用ブラケットを使用して設置しております。

小さめのSTAR-1330は、チケットを購入するお客様が認知出来る様に売り場内へ設置しました。

弊社提携先のサイン業者にオリジナル架台を製作していただき、チケット売り場内部から外へ向けて安全に固定設置を施しました。(サイネージ後方には何も無い状態だったのでサイネージを固定するために架台を製作)


導入後の成果

お客様に好評なのは勿論のこと、特に外国から観光に来られたお客様が大変喜んでおりました。

しかし実は、江ノ島エスカーの社員さんたちの業務が大幅に改善されたということが一番の効果かも知れません。(AIって凄いと思いました。)

今までより業務が効率化され、質が断然向上したと感想をいただきました。

チケット売り場の社員さんたちの昼食時間にちょっと余裕が出来ました!

導入環境について

お問い合わせ

デジタルサイネージ、LEDビジョンに関するお悩み事やご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。