店舗看板及び情報コンテンツ放映
-ジュエリーショップ Fine Crew様-

今話題のIOTサイネージを導入させていただきました。
店舗は東京有数の宝石卸業者の過密地区(東京・上野)にあります。

念願かなって目抜き通りのテナントに転居、お店の位置をハッキリとお客様に伝えたい一心でサイネージの設置を相談されて来ました。

 ✔導入の目的
  店舗用看板を設置したい

 ✔導入の決め手
  視認ある看板の提案、無料情報コンテンツ

 ✔得られた効果
  明るい視認度ある看板設置で来客者増


導入までの経緯

お客様の要望はまずお店の立地をうまく利用したいということでした。
JR御徒町駅(南口)改札近くに店舗構えているので、改札出たら直ぐに目につくようサイネージを設置してもらいたい、
またサイネージには店舗情報だけで無く、通りすぎるお客様のためになる情報も放映したいと言う事でした。

弊社からはIOT仕様のLED表示機をご提案させていただきました。
その理由は三つです。
一つは明るさ。輝度が6000カンデラとデジタルサイネージの2倍の明るさだからです。
3.91mmピッチモジュールを使用しているので、文字も写真も動画も全て綺麗に放映できます。
視認度は抜群です。

次に価格
実にとてもリーズナブルです。
LED表示機を構成しているユニットが14㎏と軽量で、組立も簡単です。すなわち設置費用も安価です。

最後に情報コンテンツ
天気予報、ニュース等の情報を無料で配信できます。
お客様に特に喜ばれました。
通常この様な配信のケースは別途申し込み費用が発生、月額利用料もかかる事が多いようです。
それらが全て無料で利用できます。お客様は驚きよりも最初は疑われました。
でも本当に無料なのです。

弊社取扱いのIOT仕様LED表示機は使い方が実に簡単です。
無料の管理アプリを使用してスマホで全て操作します。
もちろんPCからも管理サイトに入って操作できます。ちなみにこれも無料です。
使用説明が終わる前に、お客様は既に使いこなされていました(汗)

難点

 テナントの壁面に表示機を設置する際にまず固定具を取り付けるのですが、壁面に穴を空けなければなりません。これが最大の難点でした。
テナントのオーナー様からは穴を空ける許可はいただきましたが、必ず原状復帰する様にと念を押されました。(当たり前です)
思案した結果、壁面の構造が「タイル貼り型式」だったので、タイルとタイルの間にある「目じり」に穴を空ける事にしました。
これだと原状復帰が簡単です。

その代わり大変だったのが「固定具」の「固定用ネジ穴」を壁面に合わせる仕組みを作る事でした。
今回は弊社と一緒に長年サイネージを設置して来た施工会社さんと、自在に壁面の目じりに合わせて「固定用ネジ穴」を空けれる「固定具」を制作しました。
工事当日はスムーズにLED表示機を設置する事ができました。
テナントオーナー様も納得のいく設置となりました。

導入後の成果

LED表示機がとても明るいので、遠方からでもお客様はLED表示機を目印に簡単にお店を探す事が出来る様になったそうです。

ニュース、天気予報等の情報コンテンツが常に放映される事で、通りかかる人々がLED表示機を見てくれます。それがきっかけで店舗情報も視認し、入店されたお客様も相当増えたそうです。

導入環境について  

お問い合わせ

デジタルサイネージ、LEDビジョンに関するお悩み事やご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。