精密機器製造メーカー様
-展示会・EXPOブース-

弊社にて最も多くご相談を頂く、見本市・展示会・EXPOなどのブースにおけるデジタルサイネージの活用事例になります。
本事例では来場者の流れをリアルタイムで観察し、人の流れに合わせてサイネージの位置を調整する運用方法で、120%増の訴求効果を
実感して頂きました。

導入の経緯

展示会やEXPOにおいては、来場者の注目を集め自社ブースへの集客をいかに効果的に行えるかが重要になります。
ご相談頂いた案件では、他社ブースには軽量型のデジタルサイネージが点在しており、差別化を図りたいというご要望を頂きました。
具体的なご要望としては、背が高く、画面のインチ数が大きいもので、かつ設置スペースに余裕が無くとも運用が可能なデジタルサイネージという事でした。


導入後の成果

展示会などのブースでは人の動線が適宜変わるので、実際の人の往来の流れを加味して、当日設置場所を変更する運用方法が効果的とされています。

その点で比較した時、一般的に普及しているデジタルサイネージは固定式のため、人の動きに対応した臨機応変なデジタルサイネージサイネージの運用が難しい状況でした。

そこで弊社は、キャスター付きモデルのデジタルサイネージを。ご提案し導入した結果、サイズと重量にとらわれない柔軟な運用を実現しました。

展示会やEXPO等では設置スペースが限られる事が多いですが、自立型のデジタルサイネージは設置スペースを省力化できます。

導入環境について

お問い合わせ

展示会やイベントにデジタルサイネージをご利用しませんか?
デジタルサイネージのレンタルに関するお悩み事やご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。