オフィスの空き情報の可視化
 -NTTドコモ九州支社様-

株式会社NTTドコモ九州支社様は、社内に新設されたコワーキングスペースにVACAN(バカン)の混雑情報可視化IoTサービスシステムを導入しました。
このシステムの情報配信先のひとつとして、弊社のデジタルサイネージが導入されました。

 ✔導入の目的
  オフィスの利便性、安全性の向上

 ✔得られた効果
  施設管理者、利用者双方の効率化を実現


オフィスの利便性と安全性の追求

VACAN(バカン)の混雑情報可視化IoTサービスは、店舗や施設の空き情報をリアルタイムで配信するサービスです。
システムの概要は、AIカメラや専用センサーで混雑データを取得、クラウドサーバーでAIが解析、スマートフォンやPC、デジタルサイネージにその情報を配信します。

NTTドコモ九州支社様はこのシステムの導入で、コワーキングスペースのリアルタイム混雑情報を配信することにより、オフィス空間の利便性とコロナ禍でも混雑を回避したスペースの提供で安全性の向上を目指します。

導入後の成果

今回導入されたシステムでは空き情報の配信に加え、専用WEBサイトから座席の予約をすることもできます。

人の手を介さず空きスペースの予約ができることで、施設管理者、利用者双方のストレス軽減と効率化も実現することになります。

非生産的なオフィス環境の改善、新しい働き方に目を向けた今回の事例は、ウィズコロナ時代の新たなワークスタイルとしてより良い効果が期待できます。

導入環境について  

お問い合わせ

展示会やイベントにデジタルサイネージをご利用しませんか?
デジタルサイネージのレンタルに関するお悩み事やご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。