catch-img

素朴な疑問、HDMIケーブルって何?

HDMIケーブルって聞いたことはありますか?

デジタル機器周りでよく耳にされる方が多いと思います。

デジタルサイネージの運用でとても重要なアイテムの一つとなります。

今回はHDMIケーブルとデジタルサイネージの関係について見ていきたいと思います。


目次[非表示]

  1. 1.HDMIって何の役割?
  2. 2.もっとも基礎的なサイネージ運用の場合
  3. 3.ぐっと広がる用途
  4. 4.STBの利用
  5. 5.まとめ

HDMIって何の役割?


HDMIとは、High-Definition Multimedia Interfaceの略語です。

そもそもHDMIケーブルとは何か?またどんな役割を果たすのでしょうか?

HDMIケーブルとは映像と音声、そしてTVなどの操作信号を伝送するケーブルのことです。

従来は、それぞれ別のケーブルで伝送していましたがHDMIケーブルの登場により、これ1本ですべての出力が可能となりました。(用途によりタイプAからタイプEまで5つのタイプがありますが、その説明はここでは割愛させていただきます。)


機材接続が簡単になり、デジタルデータを圧縮せずに送れるようになったことで、劣化しない本来のクオリティを維持した映像や音声を気軽に楽しむことが出来る様になったのです。
近年はHDMI端子搭載の機器が増えており、ますますHDMIケーブルが使われています。

ではサイネージ運用において、どんなシーンでHDMIケーブルが必要となるのでしょうか?


もっとも基礎的なサイネージ運用の場合


デジタルサイネージの運用でまず必要となるのがパネルモニターです。

モニターに何を映し出すかによって必要なアイテムが変わってきます。

最初にPCの画面をサイネージモニターに映すだけの基礎的な使い方を見てみましょう。

HDMIデータ伝送ケーブルを利用して、パソコン画面(コンテンツデータ)とモニターをつなぐだけです。


必要な物:サイネージモニター、HDMIケーブル、パソコン(コンテンツデータが入った)

手順:①パソコン側のHDMI端子にHDMIケーブルを接続します。(Macの場合は変換アダプターが必要)

    ②そのHDMIケーブルをデジタルサイネージ側のHDMI端子に接続します。リモコン操作でHDMI表示画面に切替えます。

これでパソコン画面がサイネージに映し出されました。


「超節約型」サイネージの完成です。パソコン画面に映し出されるコンテンツ(HP、You tubeなどの動画も)と同じものがサイネージに映し出されます。

意外と簡単ですね。しかし節約した分、機能も節約されてしまい使用用途は限られます。


ぐっと広がる用途


ミラーリングはとても便利な機能です。

ミラーリングとはスマホ、Ipad等の端末画面をテレビ画面などに表示する機能のことです。ミラーリングには、有線でつなぐ方法と無線でつなぐ方法の2種類があります。

有線でつなぐケースは専用のケーブル購入が必要です。自宅のリビングなどで活用するのに最適ですね。

無線でつなぐ場合を具体的にみていきましょう。

一例としてAppleTVを活用した場合で説明していきます。

AppleTVはWiFi・Bluetooth接続ができます。スマホで簡単に接続が可能です。

これを利用すればスマホ画面を大きなテレビに表示できます。

学校のテレビ、会議室のテレビ、インフォメーション用のサイネージにと色んなモニターに表示したい内容を大きく映すことができます。

実はこの方法最近、建設現場でも多く採用されてます。特に朝礼看板用の大型モニターを設置し、図面の確認や、その日の工事箇所の確認などを大画面で共有しながら行っています。

ここで重要なのはAppleTVとモニターがHDMIケーブルでつながれてること。

サイネージにおいてHDMIケーブルは必修アイテムです。

この他パソコンを利用せずコンテンツ放映したい場合は、USB再生STB(セットトップボックス)に流したいコンテンツデータを入れて、サイネージ側につなぐだけで完了です。


STBの利用


弊社推奨のデジタルサイネージ用STB T-10を接続すれば、コンテンツ放映のステージがまた一段と上がります。


  デジタルサイネージ用STB┃ビザテック株式会社 手のひらサイズの軽量設計のセットトップボックス。今まで面倒な作業がともなっていた横画面、縦画面コンテンツの切り替え操作がリモコンで行えます。字幕ファイル対応なのでコンテンツのテロップを挿入し放映ができます。 ビザテック株式会社


T-10は液晶TVをデジタルサイネージにカスタマイズすることもできますし、字幕放映を簡単に行う事ができます。

通称、流れ字幕とも言います。



まとめ

放映するコンテンツとして動画を利用する場合、高画質映像の場合は通信速度が求められるので選定するケーブルのバージョンに気をつけてください。

また長さも1メートルから100メートルのものまでありますので、機器同士の距離に応じて、適切な長さの物を買い求めましょう。


ここまで見てきたようにHDMIケーブルはデジタルサイネージを一層活用できる必需品です。

デジタルサイネージに関する 気になる点やお悩み、 お問い合わせにお答えします。

製品に関するご質問、使用方法などサイネージに関するお問い合わせに
弊社専門スタッフがお答えいたします。